2014年08月11日

メロンパン と 海外の朝食事情 ♪

メロンパン焼きました♪

メロンパンはバターの溶けやすい真夏に作るべきではないのですが、
つい、食べたくなっちゃって(^^)。
005.JPG


エアコンをつけずに作業した割には、なかなかの出来♪
今回は、上のクッキー生地がかなり薄めなので、ダイエット中の方にお勧めです(笑)。
クッキー生地が薄いので、割れやすいのがウィークポイントですが…。


メロンパンには、
他のパンと違って、作り方にちょっとしたコツというものが存在します。

そのコツはこちら〜。宜しければお読みいただいてから、作ってみて下さいね(^^)。⇒☆☆☆

<メロンパン> 6個

【材料】
・強力粉 250g
・砂糖 12g
・塩 4g
・ドライイースト 4g
・ショートニング 25g
・たまご(1/2個)+ 牛乳 165g±

メロン生地 
・薄力粉 110g
・アーモンドプードル 20g
・バター 35g
・砂糖 65g
・たまご(1/2個)25g
・レモン汁 少々
・レモンの皮の擦りおろし 少々

【焼成時間】
200度で余熱し、その後170度に下げ、15〜18分焼成。


※※※※※※※


スカイプで、英会話を毎日しているのですが、

先日、フィリピン人の先生と朝食の話で盛り上がりました。


「うちの朝食は軽めで、パンと卵とヨーグルトとフルーツぐらいなんです。」というと、


「ええ!?日本人はごはんに魚に納豆に味噌汁って聞いてたけど?!
 日本人は働きものなんだから、もっと食べなくちゃっ!
 フィリピンでは朝から牛肉を食べるのよ!」
                       と、言われてしまいました(笑)。

朝から牛肉か〜…。

我が家では牛肉は少しハードルが高いので、←そもそも高いから買わない(笑)。
朝鶏肉(笑)にトライしてみました。


手羽元のクリーム煮とメロンパン。
011.JPG


やっぱり重〜い〜。。。
軽い食事に慣れてると、食べれないものですね〜。

先生ごめんなさいっ。


かくして、鶏肉のクリーム煮は、
我が家の夕食に回されたのでした(笑)。



そうそう、外国の方と会話をしていて思うことは、
みなさん、「超」が付くほど率直だということです。

例えば…。
「あなた、もう3◎歳なのに、何故子どもを持たないの?」という質問。

それはそれは、ありとあらゆる人々に聞かれまくっております(笑)。
日本では、こんなセンシティブな話題を初対面の人に対して絶対しないですよね?

だけど、
彼らは聞きたいことは気持ちいいくらい素直に聞きます。

悪意がないことが分かってるので、傷つきませんが、
彼らの素直さに時として驚かされ、
新しい発見というか…。
毎日が異文化コミュニケーションの勉強です(笑)。


私は英会話が得意ではないので、
毎日本当に大変な思いをして会話をしていますが、
(レッスン後、いつもしぼれるくらいの汗をかいております(笑)。)
なんだか少しレッスンが楽しくなってきた今日この頃です(^^)。


ラベル:メロンパン
posted by ユウ at 08:00| パン(菓子パン) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月08日

黒蜜ミルクパン と シンガポールの水事情 ♪

以前、ユダヤのパン「ツオップ(黒蜜ミルク味)」を作った時のレシピで、

プチパンを作りました(^^)。
003.JPG


あんみつの黒蜜って余りがち。

砂糖の代用としてパンに使ってみたら、すごく美味しかったので、
我が家の定番になりました♪


レシピはこちらの生地を6等分したものです。⇒☆☆☆

黒蜜の使い道に困ったときにでも、作ってみて下さいね♪

【焼成時間】
 210度で11分




旦那さんが、「このところ、新しいパン作らないんだね〜。」って。
ごめ〜ん(><)、なんか新しいパンを考える心の余裕なくって。


以前作ったパンのおさらい中心ですが、
そこはどうか、温かい目でご覧いただけると嬉しいです(^^)。



※※※※※※※



今日は、シンガポールの水事情でも。

シンガポールの水道水は、日本と同様に飲めるらしいです。
水道水がそのまま飲めちゃう数少ない国のひとつなのですって。
ありがたや〜。


だけど、そこは海外。
やっぱり心配もあります。


今までは、飲料用⇒ペットボトルのミネラルウォーター
        料理用⇒ブリタで浄水

と、分けておりました。


シンガポールでも、どうやらブリタを手に入れることが出来るそうなので、
今までの生活習慣を変えずにで暮らせそうです。
日本のブリタは日本の水対応なので、カートリッジは現地で買わないといけないそうですが



シンガポールへは約10年前に、一度家族旅行で行ったことがあります。
あの頃は、独身で、彼氏ナシ(笑)で、とある企業でバリバリ働いていました(^^)。
数年後、まさか住むことになるとも知らずに…ね(笑)。


10年前の母と娘の写真(笑)。ぷぷっ。
054 - コピー.JPG


posted by ユウ at 08:00| パン(菓子パン) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月29日

チョココロネ♪

日本の菓子パン代表「チョココロネ」。
チョココルネとも言いますね♪


メロンパンに並ぶ、日本人の大好きな菓子パンですよね(^^)。


コロネの由来は、イタリア語で「角」をあらわす「コルネ」とも、
「コルネット」という楽器からとも言われています。




バターロールの練習も兼ねて、
この前の「バターロール」生地で作ってみましたよ♪
                               生地はこちらをご参照下さいませ。(8個分です)⇒★★★
028.JPG



角のような円錐の「型」は、1年半ぶりに活用です(笑)。
ホント、「宝の持ちぐされ」ですよね……(反省)。


【ポイント】
1次発酵後、8分割した生地を15分休ませてから、
30pの棒状にしてください。(ほんの少し打ち粉をして作業して下さいね。)

先の細い方からクルクル巻きますが、膨らみますので、適度に間隔を空けて巻きましょう。

最終発酵は、生地が1.5倍になったら終了です。(過発酵になるとシワシワになっちゃいます。)

パン生地の表面に塗りたまごをして、210度のオーブンで11分焼成。
オーブンから出したら、すぐに型を外して下さいね。

パンが冷めてからお好みのクリームを詰めます(^^)。




チョコクリームは、
手作りのカスタードクリームに、製菓用のチョコを溶かしています。
クリームの茶色が薄くて、カスタードクリーム寄りですね(笑)。
(チョコは適当に入れたので配分が書けないの〜(泣)。またの機会にでも…。)




旦那さん、チョコを詰めたそばから、
「いただきますっ!」と、つまみ食い(笑)。


ちょっと待ってよぅ〜。
一緒に食べようよ〜っ。



      朝食♪

      チョココロネの後ろ姿がクルクル可愛くて「ツボ」です(^^)。
            なんだかサラダが主役のように写っちゃってますが、コロネに注目お願いします(笑)。
     004.JPG




posted by ユウ at 08:00| パン(菓子パン) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。