2014年07月10日

チーズ・コーンパン 成形法♪

このパン、パッと見ただけでは、「コーンパン」って分からないところが難点ですが(笑)。
022.JPG

結構、気に入っている形なのです(^^)。



生地を平らにして…。
コーンを散らして、クルクル巻くだけ♪
012.JPG


最終発酵後、縦に1本クープを入れて、
ピザ用チーズを少々散らします(^^)。
017.JPG


焼成後、ドライパセリをお好みで振って完成です〜♪
019.JPG


ズボラな私に、ぴったりな成形法です(^^)。


コーンがどひゃっと上にのっている、下の写真のコーンパンは確かに食欲をそそるけど…。
以前作った時の写真です。↓↓↓
011.JPG

今回の成形の方が、コーンがポロポロ転がらないので、食べやすいかもしれません(^^)。

食べたあとに床を掃除してると、コーンが落ちてることが多いのよね…。犯人は誰??……絶対旦那さんだと思う(笑)。



<チーズ・コーンパン> 6個

【材料】
・強力粉 250g
・ドライイースト 4g(私は今回、ひとつまみ使用で、12時間室温で発酵させています。どんどん減らしてますね〜(笑)。
・砂糖 12g
・塩 4g
・スキムミルク 12g
・ショートニング 15g(私は代用で、「太白胡麻油」を12g使いました。ショートニングを使った方が扱いやすい生地になります。
・水 160g±
・コーン 100g〜お好みで増やしてください。(よく水気を切って下さいね。)
・ピザ用チーズ 適量

【作り方】
 210度のオーブンで、10〜11分焼成。

美味しい自信作ですっ。
是非お試しくださいねっ♪



更新が遅くなっていますが、
変わらずちょこちょこ覗いてくださる皆様、ありがとうございます(^^)。



posted by ユウ at 08:00| パン(お惣菜パン) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月07日

イギリスパン♪

我が家の朝ごはんは、
とってもワンパターン。


パンと、ヨーグルトと、フルーツ。

そして、たまごとウィンナー。

今朝は、たまごとウィンナーがなく、野菜になっちゃってますね(笑)。

009.JPG
きゃ〜っ。フワフワすぎて、切り口がボロボロ…(笑)。


焼きたてのパンがあれば…それだけでしあわせっ(^^)。

パンは「イギリスパン」です。

焼かなくても、ふんわり。
そのままでも十分美味しいです♪



パン好きといっても、
たま〜に、
おにぎりが無性に食べたくなる朝もあるんだけどね…(笑)。
007.JPG
いつものことですが、しょぼい食卓写真ですね(笑)。


<イギリスパン> 1.5斤

【材料】
・最強力粉 190g
・強力粉  92.5g
・準強力粉 92.5g
・イースト 6g(今回、私は0.4gで、室温で約8時間発酵させました。)
・砂糖 14g
・塩 7g
・スキムミルク 10g
・バター 20g
・水 243g±

【焼成時間】
200度で25〜28分。






posted by ユウ at 08:00| パン(お惣菜パン) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月19日

夏はやっぱり!焼きカレーパン♪


またカレーパン作っちゃいました。
焼きカレーパン。 あ〜。焼成温度が低くて焼き色イマイチですね〜。
005.JPG



お気づきの方もいらっしゃると思いますが、
我が家のカレーパン率、かなり高めです(^^)。


一週間に一度はカレーライスも食べます。


だって、うちには「カレー星人」がいるのですもの〜。


うちの旦那さん、カレーの日は飲みに誘われても、
「今日はカレーだからすみません〜。」と、断っているそうです(笑)。
カレーへの愛情スゴすぎ…(笑)。


「カレーライス」の時は、じっくり煮込んで手をかけて頑張って作るのですが、
カレーパンのカレーは15分で作っちゃいます♪


<カレーパンのカレー> 大きめの丸パン6個分 所要時間15分

【材料】
・牛豚挽肉 180g
・玉ねぎ 小1個
・にんじん 1/2個
・えのき 1/2袋
・にんにく 1かけ
・カレールー 2かけら
・カレー粉 小さじ1
・ガラムマサラ 少々
・赤ワイン 100ml
・有塩バター 20g
・ケチャップ 大さじ1
・はちみつ 小さじ1(お好みで)

【作り方】
@ 野菜は全部すりおろす(えのきはみじん切り)。
A 小鍋に有塩バターを溶かし、野菜を炒める。(水分を飛ばすように)
B Aに牛豚挽肉を入れて炒め、色が変わってきたら赤ワインを入れてひと煮立ちさせる。
C カレールー、ガラムマサラ、カレー粉を入れて溶かす。
D Cにケチャップを入れ、お好みで、はちみつも入れ、ひと煮立ちさせたら完成です。
E Dを平らなトレイに入れ、粗熱が取れたら冷蔵庫に入れて冷やす。(一晩置くと、より美味しいです。)

完成図。
001.JPG


簡単ですね〜(^^)。
ポイントは、野菜の水分(主に玉ねぎの水分)と赤ワインの水分のみで作ることです♪
水は入れません。

パンに入れるので、濃いめのカレーです♪


自分で作るとカレーたっぷりっ(^^)。
嬉しいですよねっ!
011.JPG


もちろん、ごはんと一緒にいただいても美味しいですよ〜♪



※※※※※※

嬉しいことがありました〜!!


ブログで仲良くしていただいている、
私と同じペンネームのゆうさん (私はカタカナのユウです(笑)) が、
私のレシピでパンを焼いてくださいました(^^)。

しかも、ゆうさんのブログで紹介までしていただいています!

ゆうさんの素敵な「つくレポ」。
是非是非ご覧くださいね♪⇒★★★

冒頭の手書きのイラストも必見です!
すご〜く可愛いんです♪

ゆうさん、いつもありがとうございます(^^)。




※※※※※※


先週、髪のおめかしをしに(笑)、表参道に行ってきました。


美容師さんに、
南青山にある「GRANNY SMITH」のアップルパイが美味しいとお勧めされ、
テイクアウトしてきちゃいました〜。

実はず〜っと旦那さんと気になっていたお店だったんです。


選んだアップルパイは、
お店限定の「ダッチクランブル」と、一番人気の「イングランドカスタード」。
009.JPG


めちゃめちゃ美味しかったです〜っ!!
アップルパイにうるさい旦那さんも、「うまーっ!!」って(笑)。


今度は、お店の中でバニラアイス添えのアップルパイをいただきたいな〜と思います(^^)。



posted by ユウ at 08:00| パン(お惣菜パン) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。