2013年07月26日

「パン・オ・ノア」とマイセン&ドレスデン♪

シンプルなパンが食べたくなって、「クルミ」のみ入れた「パン・オ・ノア」を焼きました(^^)。

001.JPG

「パン・オ・ノア」の「ノア」はフランス語で「クルミ」です。

旦那さんに、「どうやって食べたい〜?」と聞くと…
「サンドイッチ〜!」と、驚きの応えが!!!

えぇぇぇ〜っ!サンドイッチにすると…クルミの味が消えちゃうんじゃないの?!
とは思いましたが…。
旦那さんの希望を叶えてあげることに(笑)。

朝から超ボリュームサンドです(笑)。
002.JPG

メンチカツ挟んで〜。
目玉焼き挟んで〜。
あれ〜?……野菜がないしっ(笑)。 ←野菜を挟む隙間がなかったの……。


旦那さん、朝からガッツリサンドに大喜び(^^)。

クルミの香ばしい食感がプラスされて…。
意外にも、クルミのパンってサンドイッチにしても美味しいことを発見しちゃいました!
(旦那さんに感謝かな…(笑)?)

※※※

サンドイッチに使用したプレートは…。
「マイセン」の「イヤープレート」です(^^)。

003.JPG

わが家の食器の中では一番高価なので…。 (と…言っても1万円くらい(笑))
日頃は食器棚の隅っこの方にひっそりと眠っております(笑)。
だけど、「使わないと意味ないよ〜。」との旦那さんの意見により、初めて使ってみました(^^)。
手…手が震える〜(笑)。


実は…このプレート、ドイツの「マイセン美術館」で購入した思い出の品なのです。
5年くらい前の話ですが…(笑)。けっこう昔ですね…(笑)。

この絵はドイツの街「ドレスデン」を描いているのですって。
エルベ川の風景なのかな。

ちょっとだけ「マイセン美術館」の中でも♪

1226.JPG

実際に陶磁器を作っている様子も見れます(^^)。

559.JPG

私たち夫婦はドイツが大好きで…。過去に何度かドイツを訪れています。
(「ドイツ好き」が高じてうちの旦那さん「ドイツ語検定2級」取得(笑)。)

私の父は学生時代、西ドイツに留学していました。
よく父がドイツ語の歌を歌っているのを聴いていましたし、
昔から父の話を聞くうちに、私まで勝手にドイツに親近感を持っていました(^^)。

小学生の時、テレビでベルリンの壁が崩壊するのを見た時も
「いつか東ドイツに行ける日が来るかしら…。」と、漠然とした夢を持っていました。
その夢が叶ったのは…結婚後です。

ベルリンの壁↓↓ (落書きだらけですね…)

533.JPG


特に美しいと感じ、旦那さんと2度訪れたのは…「ドレスデン」です。こちらドレスデンの街並みです。
(有名なフラウエン教会は一番奥のドーム型の建物です。)

2120.JPG

ドレスデンの多くの建物は、戦争で壁が黒く焼けていますが、そのままの姿で佇んでいます。

2140.JPG


ドレスデンで何気なくカフェに入ると…。
コーヒーカップが普通に「マイセン」でした(驚)。

フラウエン教会の前に建っているカフェ「COSELPALAIS Grand Cafe&Restaurant」にて。

2121.JPG

※※※

「パン・オ・ノア」から…
かなり話が脱線しちゃいましたね(笑)。


今日でブログを始めて半年になりました。
沢山の皆さまに遊びに来ていただき、感謝感謝です(^^)。
最初は誰も来てくれなくて…ちょっぴりくじけそうになっている時もありましたが(笑)、
今は続けてきて良かったと思っています。
これからも、どうぞよろしくお願いします!


posted by ユウ at 08:00| Comment(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月25日

ベルギーの「食」紀行B「ブルージュ」編♪

アントワープ中央駅からゲントを経由して電車に揺られること1時間半。

フランドルの水の都「ブルージュ」に到着します。
中世の街並みそのままの美しい場所です。

104.JPG

106.JPG

のんびりと景色を楽しみながら、お散歩するには最高です(^^)。
日曜日になると、両親とよく車で1時間ほどかけて訪れていました。


033.JPG


2年前、旦那さんと訪れた時も、全く当時と変わらず…静かに時を刻んでいるようでした(^^)。

両親とブルージュに来た時は、いつも日本料理店「たぬき」で食事していましたが、
(「たぬき」はベルギー人の作る和食店で、日本人に人気のお店です。)
旦那さんとは…せっかくなので、ベルギー料理を楽しみました(^^)。

ブルージュの隣街「ゲント」の名物家庭料理「ワーテルゾーイ」。
鶏肉のクリーム煮です。
「テ・デレフェケン('T Dreveken)」という魚市場の運河に面した小さなレストランにて。

034.JPG

かなり美味しかった♪

チーズやハムを売っているお店♪
ここも、ジブリアニメに出てきそう〜(^^)。可愛いですよね!
ブルージュは、街全体がおもちゃの国のような可愛らしさですよ。

031.JPG

ヨーロッパでも5指に入る美しいマルクト広場。

166.JPG

※※※

3回に渡って、ベルギーを少しだけご紹介してきました(^^)。
長々とおつきあいいただき、ありがとうございました。



posted by ユウ at 08:00| 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月24日

ベルギーの「食」紀行A「アントワープ」編♪

ブリュッセルから電車で揺られること40分。
アントワープに到着します。ここからはオランダ語が公用語。

アントワープ中央駅。
両親がベルギーに住んでいたころは、まだ工事中だった駅内部も、
こんなに素敵になりました(^^)。駅の中には「スタバ」などのカフェもありますよ♪

016.JPG

フルン広場。
この広場にある「ヒルトンホテル」に3泊ほど旦那さんと滞在しました。

014.JPG

実は、「ヒルトンホテル」も両親との思い出の場所なのです(^^)。

ファッションの流行の発信地であった「アントワープ」は、
オシャレが大好きな女性にとっては、天国のような街です(笑)。
ブリュッセルからそんなに遠くなかったので、土曜日になると両親と車でよく遊びに行きました。

「ヒルトンホテル」の前にちょうど車を預ける駐車場があったので、
待ち合わせ場所は、もちろん「ヒルトンホテル」に(笑)。
父には、こちらのカフェなどで本を読んで待っていてもらい、
母と2人でショッピングに繰り出してました(^^)。

まさか…数年後に旦那さんと、この「ヒルトンホテル」に宿泊することになるとは……(笑)。
かなり運命を感じてしまいます(^^)。

ヒルトンホテルの朝食。
行ったのは3月下旬だったので、朝7時半でも外は暗かったです。(写りかなり悪いですね…すみません…)

006.JPG


ヒルトンホテルで、美味しいと薦めてもらったレストラン「ドックス・カフェ(Dock's Cafe)」。
魚介のメニューが豊富で、本当に、すっごく美味しかったです。
ランチはコース料理になっていますが、私たちが行った時は一人15ユーロとお得でした(^^)。
(写真は、リゾットです。この後…ビッグな魚のポワレが出てきました♪)

002.JPG


明日は「ブルージュ」をご紹介したいと思います。
posted by ユウ at 08:00| 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。