2014年07月30日

いちじくとレーズンのカンパーニュ と 食器  渡航準備など ♪

カンパーニュ焼きました(^^)。
007.JPG


気泡がたくさん入った軽いカンパーニュではなく。

しっとり、みっちりしたクラムのライ麦カンパーニュです。
009.JPG

旦那さんが、歯の治療中のため、
やわらかいパンにしようと。


ハード系のパンが苦手な方も、美味しく召し上がれると思いますよ(^^)。



<いちじくとレーズンのカンパーニュ>  1個分

【材料】
・フランスパン用準強力粉(リスドォル) 200g
・ライ麦粉 50g
・塩 4.5g
・スキムミルク 6g
・はちみつ 2g
・ショートニング 5g
・ドライイースト 4g (私は今回、1つまみ、13時間室温で発酵してます。
・水 160〜165g
★ラム酒漬けのいちじく、レーズン、くるみ 100g程度(70g〜お好きな量で)

【生地の作り方】
ボウルに★以外の材料を全部入れ、5分ほど捏ねる。
(捏ねすぎ注意。ライ麦は捏ねすぎると生地がダレます。)
捏ねあがったあと、★をやさしく混ぜ込みます。

【焼成】
210度に予熱したオーブンで約25分焼いて下さい。


※※※※※※


帰省した時、
両親が使っていたドイツの食器メーカー「ナハトマン」のお皿を2枚譲ってもらいました。

多くのレシピブロガーさんたちが愛用している、ナハトマンの「ボサノバ」というシリーズの大皿。
美しいクリスタルガラス製です。

長方形の長皿は以前から持ってましたが、
正方形の大皿にず〜っと憧れてました。
譲ってくれた母に感謝です(^^)。ありがとうっ!


だけど…。
まだまだ使いこなせてない状況です(笑)。

とりあえず、
サンドイッチを乗せてみたり…。なんてテキトーな乗せ具合(笑)。
001.JPG


デザート皿などを乗せるアンダープレートとして使ってみたり…。
002.JPG

使い方、いろいろ思案中です。

いつか、みなさまのように素敵に使いこなせる日が来るかしら〜(笑)?



そうそう、帰省中、「スガハラ」の箸置きも買い足しました。
イエローとワインレッドが仲間入り♪
013.JPG

真夏に秋色(笑)。
手作りなのですが、1個500円(税抜)とプチプラなんですよ〜(^^)。
大きさがちょっとずつ違うのも手作りならではですね。



※※※※※※

シンガポールへ渡航準備、着々と進めています。

私の担当は「家探し」。

もちろん、現地に行かないと分からないことも多いとは思いますが、
今はインターネットの時代。
日本からも不動産情報を収集できます。

地球の歩き方でメトロ駅を調べながら、アイスコーヒー片手に
旦那さんと「あ〜でもない、こうでもない」と新生活に向けて話すのは楽しいです(^^)。

010.JPG


そうそう…。
今まで3年間、私たちのために美味しいコーヒーを淹れてくれた「ネスプレッソ」コーヒーマシーンも、
シンガポールでは変圧器がないと使えないので、あと少しでお別れ。

次の活躍の場は私の両親の家です。
お父さん、お母さん、私たちのネスプレッソ可愛がってあげてね(笑)。



朝の生活も変わりました。

旦那さんは毎日50分×2回、
スカイプでいろんな国の方と会話するレッスンを受けています。

朝6時に起きて、
会社に行く前に50分レッスンを受ける日もあるので、
我が家ののんびりした朝ごはんも、最近では慌ただしかったりします(笑)。

スカイプでレッスンを受ける旦那さんの図。003.JPG



旦那さんは物怖じせず、すごく楽しそうに会話していますが、
私は知らない方と、1回50分も話し続ける勇気がないのでまだトライしてません。

旦那さんが「君も話してみたらいいのに!」というので、
私も「まだ心の準備が…。」と思うのですが、先延ばしにするのも微妙なので、
近々始める予定でおります。

シャイな私←(自分で言う(笑))は少々怖いです。
ていうか…私の英語が通用するのかが一番の問題ですが…(笑)。


こんなふうにちょっとバタバタしていますが、
夫婦で、「できるだけ焦らず、穏やかに」を心掛けている毎日です(^^)。


posted by ユウ at 08:00| シンガポール渡航準備 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。