2014年09月25日

Tiong Bahruでシンガポールいちのクロワッサンに出会う♪

おしゃれショップが集まるTiong Bahru(ティオン・バル)エリア。


閑静な住宅街に、地元密着型の
Tiong Bahru Market and Food Center(ティオン・バル・マーケット&フード・センター)があります。
(メトロTiong Bahru(ティオン・バル)駅から徒歩10分)

003.JPG

新鮮な果物。
004.JPG

新鮮なお魚。
008.JPG

そして、新鮮なお肉が売られています。
005.JPG

そして…。ここの鶏肉屋さん。一番人気なんですって。
007.JPG

私が行った時、並んでいた親切な日本人のご婦人が、
「ここの鶏肉は本当に美味しいのよ。
 スーパーの鶏肉はいったん冷凍して解凍したものが並んでることが多いけど、ここは新鮮だから。」
 
と、教えてくれました。そうなのか〜(^^)。


どのように鶏肉の部位を注文するのかお聞きすると、
なんと、日本語で「モモ」と言うと通じるんだって(笑)。
日本人がモモ肉ばっかり注文するから、朝早めに行かなきゃ完売の可能性もあるのだそう。

豚肉屋さんでお肉を買う時も、
「とんかつ」とか「生姜焼き」と日本語で言ったら、それ用にカットしてくれるらしいですよ(^^)。


2階には、ホーカーがあり、激安グルメのストール(屋台)が並んでおりました♪
013.JPG

落ち着いたら、週に1度は、このTiong Bahru Market and Food Center(ティオン・バル・マーケット&フード・センター)で新鮮な生鮮食品を購入しに来たいと思います(^^)。電車に乗ってでも行く価値ありです♪



さて。
今回Tiong Bahru に来た本当の目的は、
Tiong Bahru Bakery(ティオン・バル・ベーカリー)に行きたかったからなのでした。
Tiong Bahru Market and Food Centerから目と鼻の先にあります。
019.JPG

Tiong Bahru Bakeryは、
2012年5月にオープンした、フランスの有名パン職人ゴントラン・シェリエ氏と
スパ・エスプリグループのシンシア・チュアさんがプロデュースしたベーカリーです。

外はパリパリ、中はしっとりのバターが香るクロワッサンはシンガポールいちの美味しさと
言われているそう。
017.JPG

パリを思わせるオシャレな店内には、美味しそうなバゲットやデニッシュがたくさん並んでいましたよ♪
016.JPG

ホントはカフェスペースで、カフェラテと一緒にクロワッサンをいただきたかったのですが、
あいにく店外のテーブルしか空いていなかったので、断念。(←外は暑すぎるしね…。。

というわけで、
クロワッサンをテイクアウト。

これがその噂のクロワッサンです。(S$2・9(約250円))お美しいお姿をしております。
020.JPG


ひとくち食べて大感動ですっ!このサクッと感!中身のしっとり感!
お…おいしい〜っ!!!

自分が今まで食べてきたクロワッサンとは何だったのか…。
と、考えさせらるくらいのクロワッサンでした。
口コミってあまり信用しないのですが、今回は嬉しい衝撃っ(^^)!

今度は旦那さんと一緒にカフェでゆっくりしたいです。



Tiong Bahruエリアは可愛い雑貨屋さんや素敵なカフェが沢山あるので、
Tiong Bahru Market and Food Center(ティオン・バル・マーケット&フード・センター)に寄ったついでに、いろいろ散策したいです。
(あ…カフェでお茶してると、お肉やお魚が傷んじゃうかな〜。保冷剤持参は必須ですね。)




posted by ユウ at 07:00| シンガポール渡航直後 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。