2014年08月11日

メロンパン と 海外の朝食事情 ♪

メロンパン焼きました♪

メロンパンはバターの溶けやすい真夏に作るべきではないのですが、
つい、食べたくなっちゃって(^^)。
005.JPG


エアコンをつけずに作業した割には、なかなかの出来♪
今回は、上のクッキー生地がかなり薄めなので、ダイエット中の方にお勧めです(笑)。
クッキー生地が薄いので、割れやすいのがウィークポイントですが…。


メロンパンには、
他のパンと違って、作り方にちょっとしたコツというものが存在します。

そのコツはこちら〜。宜しければお読みいただいてから、作ってみて下さいね(^^)。⇒☆☆☆

<メロンパン> 6個

【材料】
・強力粉 250g
・砂糖 12g
・塩 4g
・ドライイースト 4g
・ショートニング 25g
・たまご(1/2個)+ 牛乳 165g±

メロン生地 
・薄力粉 110g
・アーモンドプードル 20g
・バター 35g
・砂糖 65g
・たまご(1/2個)25g
・レモン汁 少々
・レモンの皮の擦りおろし 少々

【焼成時間】
200度で余熱し、その後170度に下げ、15〜18分焼成。


※※※※※※※


スカイプで、英会話を毎日しているのですが、

先日、フィリピン人の先生と朝食の話で盛り上がりました。


「うちの朝食は軽めで、パンと卵とヨーグルトとフルーツぐらいなんです。」というと、


「ええ!?日本人はごはんに魚に納豆に味噌汁って聞いてたけど?!
 日本人は働きものなんだから、もっと食べなくちゃっ!
 フィリピンでは朝から牛肉を食べるのよ!」
                       と、言われてしまいました(笑)。

朝から牛肉か〜…。

我が家では牛肉は少しハードルが高いので、←そもそも高いから買わない(笑)。
朝鶏肉(笑)にトライしてみました。


手羽元のクリーム煮とメロンパン。
011.JPG


やっぱり重〜い〜。。。
軽い食事に慣れてると、食べれないものですね〜。

先生ごめんなさいっ。


かくして、鶏肉のクリーム煮は、
我が家の夕食に回されたのでした(笑)。



そうそう、外国の方と会話をしていて思うことは、
みなさん、「超」が付くほど率直だということです。

例えば…。
「あなた、もう3◎歳なのに、何故子どもを持たないの?」という質問。

それはそれは、ありとあらゆる人々に聞かれまくっております(笑)。
日本では、こんなセンシティブな話題を初対面の人に対して絶対しないですよね?

だけど、
彼らは聞きたいことは気持ちいいくらい素直に聞きます。

悪意がないことが分かってるので、傷つきませんが、
彼らの素直さに時として驚かされ、
新しい発見というか…。
毎日が異文化コミュニケーションの勉強です(笑)。


私は英会話が得意ではないので、
毎日本当に大変な思いをして会話をしていますが、
(レッスン後、いつもしぼれるくらいの汗をかいております(笑)。)
なんだか少しレッスンが楽しくなってきた今日この頃です(^^)。


タグ:メロンパン
posted by ユウ at 08:00| パン(菓子パン) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。