2014年07月01日

夏に「シュトーレン」♪

ドイツのクリスマスに欠かせないパン菓子、「シュトーレン」。


クリスマス時期になると、我が家でも頻繁に作ります。
薄くカットして、毎日食べながらクリスマスを楽しみに待つのですが……。


何故か夏に登場です〜(笑)。


強力粉250g+アーモンドプードル40g=290gの粉に対して。

ラム酒に漬け込んだ、いちじくとレーズンを合わせて130g。
くるみを50g。
ホワイトチョコレートを50g。

たっぷり入れて焼き上げました(^^)。
003.JPG


う〜ん。
部屋中いい香り〜。


焼いた後、素早く溶かしバターを刷毛で塗って、
ぴっちりラップでくるみ、あとはひたすら冷めるのを待ちます(^^)。


完全に冷めたら…。
粉砂糖の雪をまとわせ、完成です♪
008.JPG



実は、両親へのプレゼント用に作りました(^^)。


プレゼントなので、残念ながら味見できないし、断面も見れないのですが。

昨年のクリスマスシーズンに作ったものと同じように作っているので、
こうなってるはず(笑)。↓↓↓
昨年のシュトーレンの写真
004.JPG




真夏に作った理由は…。
両親から、素敵なプレゼントを貰ったからなんです(^^)。

旦那さんと私のお洋服(右の箱の中に入ってます。本のような可愛い箱ですよねっ!)と、沢山のお菓子たち。
005.JPG


そのお返しに、
ほんの気持ちですが、日持ちのする「シュトーレン」を作りました。

お父さん、お母さんいつもありがと〜っ(^^)!



おそらく。

今時期、「シュトーレン」を作りたいと思う方はいらっしゃらないと思いますので、
レシピは省略いたします(笑)。

またクリスマスの時期に登場させますので、その時にご紹介しますね(^^)。




ラベル:シュトーレン
posted by ユウ at 08:00| パン(フランス・ドイツパン) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。