2014年06月07日

「しあわせのパン」の豆パン & イッタラのカルティオ♪

「しあわせのパン」という映画が大好きです。


北海道の雄大な風景に囲まれた、かわいいペンションが舞台で、
美味しそうな焼き立てパンが、いろんなシーンで出てくる素敵な映画なんですよ(^^)。


映画の中の印象的なシーンで登場する「豆パン」。

本日は、その「豆パン」をイメージしてパンを焼いてみました。
似てるかな〜(笑)?
005.JPG

たっぷり甘納豆を詰め込んでいます。


パン6個につき、甘納豆130g使いました。

パン生地は、油分無しのハード系。
全粒粉を少し入れているので、食物繊維、ミネラルなど栄養豊富なパンです(^^)。
噛みごたえもあって、とても素朴な味ですよ。


パン生地には油分を入れてないため、ベタベタしてとても扱いにくいのですが、
ベンチタイムや成形の時、パンマットを使うと作業しやすいと思います。


<豆パン> 6個分

【材料】
・全粒粉 25g
・強力粉 225g
・ドライイースト 4g
(私はドライイースト0.5 gで作っています。発酵時間は室温で7時間取ってます。
お時間に余裕のある方は、ドライイーストは少なめにして作ると、より美味しいパンに仕上がりますよ。)

・塩 4g
・砂糖 9g
・水 150g
・甘納豆130g

【作り方】
1次発酵→分割→ベンチタイム→成形→最終発酵
捏ねる時間は5分で十分です。捏ねすぎると生地がダレてくるので注意して下さい。
最終発酵はパンが1・5倍になるくらいまで。それ以上になると過発酵になります。
最終発酵後、210度に予熱したオーブンで15分焼成。



※※※※※※※

我が家にタンブラーの新入りさんがやってきました♪

大好きなフィンランド食器、イッタラのカルティオです。

008.JPG


カルティオは、フィンランドの
器とガラスのデザイナー、カイ・フランク(Kaj Franck 1911〜1989年)さんの作品です。

彼は、「フィンランドデザインの良心」と呼ばれ、
「普段使いのテーブルウェアに使いたい」と、
フィンランド国内外で多くの支持を得ています。

実用性を考慮した無駄のないフォルムが美しいですね(^^)。
無鉛ガラスなのも嬉しいところです♪


選んだ色は、フォレストグリーンとシーブルー。
せっかくなのでイッタラシールを貼ったまま撮影(笑)。その後、はがしました〜。
009.JPG


暗めの色なので、「夏には合わないかな?」と思ったけど、
お水を入れるとキラキラ輝いて、とても上品です(^^)。


「水が美味しい気がする〜(^^)!!」 By 旦那さん。
「え〜??レモン入れてるからじゃない??」 By 私(笑)。




posted by ユウ at 08:00| パン(お惣菜パン) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。