2014年05月28日

平焼きあんぱん と 伝説のたいやき(笑)♪

平焼きあんぱん作りました〜(^^)。

地味さがにじみ出てるパンでごめんなさい(笑)。
018.JPG


というのも、あんこLOVE♪ の旦那さんが、
「大福みたいなあんぱんって作れる?」と、恒例の無茶ぶり(汗)。


「作れませんっ!!大福買ってきて食べなさいっ!」(笑)と、
冷たく言い放ちたいところだったのですが…。


んんんん??そういえば…。
「平焼き」にすれば、パンがモチモチ食感になるのでは?!


早速トライしてみました♪


やっぱり〜!!!思惑的中〜(^^)!!


作り方は、
焼く前に、パンの上にオーブンシートを敷き、
更に「天板」を乗せてオーブンに入れるだけです。
パンが圧縮されるので、上の写真のような「平焼きパン」に(^^)。
圧縮することで、パンの目が詰まり、もっちり食感になるわけです♪

私はお隣さん同士がくっつかないように、セルクルを使いましたが、もちろん無くて構いませんよ(^^)。
014.JPG


★平焼きあんぱん★ 8個
【材料】
・強力粉 250g
・ドライイースト 4g
・砂糖 12g
・塩 4g
・スキムミルク 15g
・無塩バター 12g
・水 160g
・こしあん 400g(パン1個につき50g。丸めておくと成形しやすいです。)
・ケシの実 お好みで。

【作り方】
1次発酵30℃で50〜60分→8分割→ベンチタイム15分→成形→最終発酵30℃で50分〜60分。
最終発酵後、パンの上にオーブンシート、天板を乗せ、220度に予熱したオーブンで約11分焼く。


普通のあんぱんよりも華やかさは微塵もないのですが(笑)、
食感の違いを楽しんでみるのも面白いですよね♪

旦那さんも、「モチモチして美味しい〜!」っと喜んでおりましたよ(^^)。


※※※※※

「あんこ」つながりですが…。


最近、東京の下町「谷根千」が熱いですよねっ(笑)。
「谷根千」は「谷中」「根津」「千駄木」の略称です。


「根津」にある大人気のたいやき屋さん、その名も「根津のたいやき」ってご存知ですか?
(ホームページは残念ながらないようです。)


なんと13時には売り切れてしまうらしいのです。

そしてわたくし、わざわざ土曜日の10時半から1時間も並んでゲットしました〜(^^)。
たいやきに1時間て…。もはや執念ですな(笑)。


これを買うために並んでいる間、何度もくじけそうでした…(涙)。
001.JPG


神々しいお姿、大公開〜(笑)。
002.JPG


2人家族なのに5個(笑)。
1時間も並んだし、多めにね(^^)。


外側の皮が薄くて、あんこが甘さ控えめで絶品でした♪
ひとつひとつ丁寧に1人の職人さんが焼いてらっしゃって、人気なのも分かるな〜。

また「体力」と「気力」と「機会」があれば(笑)、並びたいと思います♪
美味しかったぁ〜(^^)


posted by ユウ at 08:00| パン(菓子パン) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。