2014年05月09日

クルミパン & あんみつ「紀の善」♪

とあるデパートのパン屋さんの前で
旦那さん 「こ〜ゆ〜パン食べたい…。」と、つぶやく(笑)。

視線の先にはクルミパンが…。


クルミパンなんて、いつも作ってるじゃん!と言いたいところですが…。
彼はどうやら、「花」の形のクルミパンが食べたいようです(笑)。


というわけで。
ご要望の形でクルミパン焼きました♪

005.JPG

お花(^^)。なかなか可愛くできたかも♪
旦那さん 「これこれ〜!!」と、喜んでました(笑)。


パンって不思議なんですが、
成形の仕方によって、同じ生地でも味が微妙に変わるんですよね。

大きく成形した時の味と。
小さく成形した時の味。
編んだり、ドーナツ型にした時の味。

おそらく、火の通り方に変化が生じるので、味も変わってくるんでしょうね。
面白〜い(^^)。


★クルミパンの成形★
丸めたパン生地2つを平らにして、上下にくっつけます。
ハサミで4つサイドに切り込みを入れ、天板にのせます。
クルミを上から深く押し込みます。
これを最終発酵させて焼いてください(^^)。


※※※※

最近、あんみつにはまってます(^^)。

美味しいあんみつを求めて。
GWに、神楽坂へGO!

メディアでも多数取り上げられている、有名甘味処「紀の善」さんにお邪魔してきました〜。

    なんて美しいあんみつ!
    005.JPG

旦那さんは写真上、「白玉あんみつ」にバニラアイスをトッピング。
私は写真下、「クリームあんみつ」をオーダー。


噂とおり、すご〜く美味しいっ(^^)!
甘さも控えめで上品なお味でした♪

サービスのお茶も、熱々で美味し〜。


お会計の際、待っている人の行列にビックリしました。
私たちは午後2時ごろ入店したのですが、すんなり席に着くことができたんです。
30分後には大行列…。
運が良かったようです(^^)。

今度伺う時は人気ナンバー1の「抹茶ババロア」をいただいてみたいです♪

ごちそうさまでした〜。


posted by ユウ at 08:00| 外食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月07日

マイセン陶器「波の戯れ」♪

「マイセン」陶器。


何年か前、ドイツのマイセン工房を訪れて以来、
ずっと恋焦がれ続けていたマイセン。


ついに、ついに…。
我が家にお迎えしちゃいました〜(^^)!!!


マイセンの中でもシンプルで定番の「波の戯れ」というシリーズの白いケーキ皿を2枚。
016.JPG

普通のサンドイッチが…。
いつもより美味しく感じるのは、気のせいかしら…(笑)??


裏返すと、ちゃんとマイセンマーク「双剣」の刻印もされてますよ♪
020.JPG


以前、ドイツで購入したのはこちらのイヤープレートでした。
東ドイツ、ドレスデンの風景が描かれています。
003.JPG

我が家の食器の中では一番高価なので、
洗う度にドキドキ(笑)。

普段使いはやっぱり緊張しちゃいます。
しかも、1枚しかないのが難点でした…。


今回は待望の2枚。
旦那さん、ぶうぶう文句言いながらも買ってくれてありがとうっ(^^)。
シンプルな白だから、合わせやすいし、これから沢山使っていこうと思います♪



そうそう。
食器を購入したお店で、店員さんがハガキを2枚プレゼントしてくださいました。
マイセンの食器を飾ったテーブルの素敵な写真のハガキです。

ひとつは「黄色いバラ」というシリーズの食器写真。
021.JPG

もうひとつは「ブルーオニオン」というシリーズの食器写真。
022.JPG

どちらもお高くて、手は出ませんが、
見ているだけで、しあわせになります(^^)。

いつか、こんなコーディネートしてみたいな〜♪


posted by ユウ at 08:00| その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月05日

フライパンでナン♪

我が家のカレーは、
市販のルーと自分で適当に香辛料を調合しているからか…。
「インドカレー」みたいだと言われます。


「インドカレーにはナンでしょ!!」という、旦那さんの主張により…。
面倒だな〜(笑)と思いつつ、夕食にナンを作りました(^^)。

003.JPG

インドではナンを「タンドール」という壺のような釜に張り付けて焼くそうですが、
我が家では手軽にフライパン焼きです。

<ナン> 3つ分 所要時間1時間半〜2時間
◆材料◆
強力粉 150g
薄力粉 40g
ドライイースト 3g
砂糖 10g
塩 1・5g
水 100ml
ショートニング 17g

◆作り方◆
@ ボウルにショートニング以外の材料を入れて混ぜ、台の上に出して5〜10分よく捏ねる。
A @にショートニングを加え、生地にテカリがなくなるまでよく捏ねる。
B Aをボウルに戻してラップをし、30度くらいの温かい場所で2倍になるまで
  1時間〜1時間半くらい発酵させる。
C Bが発酵したら、生地を3つに分割して丸めて10分ベンチタイムをとる。
D Cの空気を抜き、涙型に平たく成形。
E テフロンのフライパンで油をひかずにDを入れ、蓋をし、
   両面をこんがり焼き色がつくまで弱火で焼く。
  

パン初心者の方でも失敗は少ないと思いますよ。
オーブンをお持ちでない方も、パン作りが楽しめちゃいますよね(^^)。

お時間のある方はドライイーストを1gまで少なくし、発酵時間を長くとってみてください。

ドライイーストが少ない方が断然美味しいです♪
(ちなみに私は今回1gで作りました。室温で2時間ちょっと発酵時間を取ってます。)


何度かナンの作り方をご紹介していますが…。
ほんのちょっとずつ材料や配合を変えてます(^^)。


そうそう……。
うちの旦那さんは、インドを一人で周遊した超強者なんです(笑)。
一泊700円くらいの安宿に泊まりながら旅をしたらしいです。←もちろん独身時代。

そのせいか、カレーやナンにはちょっとうるさいのですが、
このナンは美味しいって喜んでくれましたよっ(^^)。


タグ:ナン
posted by ユウ at 08:00| パン(フランス・ドイツパン) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。