2014年04月05日

ポーリッシュ法で。カンパーニュ・フリュイ♪

「ポーリッシュ法」ってご存知ですか?

19世紀前半にポーランドで誕生し、
粉の20〜40%に、同量の水とイーストを加える製法です。

水分をとても多く配合するため、「水種法」とも呼ばれています。

このパン生地は柔らかすぎて、手で捏ねることは困難なので、
ヘラでパンチ(パン用語でガス抜き)を数回行いながら発酵させていきます。


生地が、ものすごく扱いにくいので、
毎回作るたびに、「もう二度と作ることはあるまい…。」と思ってます(笑)。
忘れた頃に、再び作ってまた後悔する…。そして出来上がりを見て嬉しくなる…。の繰り返しなのよね(笑)。


だけど、パンの断面を見て見て〜♪
苦労した甲斐もあって、すご〜くみずみずしい気泡がた〜くさん(^^)。

レーズンとイチジク、クルミ入りの「カンパーニュ・フリュイ」です。
004.JPG

拡大(笑)。
ポーリッシュ法で作ると気泡が沢山出来るのが特徴ですよ〜。
005.JPG

気泡が入っている分、ライ麦パンなのにとても軽いです。
太めにカットしても、美味しくいただけちゃいます(^^)。


これに対して、
下の写真は以前作ったカンパーニュ。
目が詰まっていますよね(^^)。
気泡がないの〜。
016.JPG

こっちは、どっしりと重くて食べ応え満点。
薄くカットした方が、断然美味しくいただけます。


どちらも好きだし、選べないっ!!「誰も「選びなさい」なんて言ってないよ…。」by 旦那さん(笑)

だけど、間違いなく「ポーリッシュ法で作ったカンパーニュ」の方が大変です(涙)。
(初めて作った時とか、涙無しには語れません。話すと長くなるので書きませんが…。←誰も聞きたくないって(笑)。)


ところで。
今回、バヌトン(←「発酵カゴ」のこと) を新調してみました(^^)。奥に写ってるカゴです。
001.JPG

今まで「丸型」を使っていましたが、「オーバル型」が仲間入り。

以前は、バヌトンを1つしか持ってなかったので、
カンパーニュも一度にひとつしか作れなかったけど。

これからは、一度にふたつ作れちゃいます(^^)。

カンパーニュ作りがますます楽しくなる予感♪♪


posted by ユウ at 08:00| パン(フランス・ドイツパン) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月03日

こんだてnoteで紹介していただきました♪

レシピブログさんのサイト「こんだてnote」に、
私の「枝豆とポテトの冷製ポタージュ」を紹介していただきました(^^)!

こんだてnoteのページはこちら⇒美味しいトマトはそれだけでご馳走だよね♪



暖かくなってくると、「冷製ポタージュ」が美味しくなりますね♪
グリーンがとても綺麗なので、おもてなしにも最適だと思います(^^)。

是非ぜひお試し下さいね!!


素敵に掲載していただいたレシピブログさんと、いつも応援して下さる皆さまに
心から感謝しております。


posted by ユウ at 08:00| その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

肉まんパン♪

旦那さんに「あのう…。何ですか…?これは…。」と、何故か敬語で質問されたパン。

その名も「肉まんパン」!!!!。←衝撃。

名前通り、肉まんの具がパンに入っております(笑)。 「せいろ」は単なる演出です。蒸してないし(笑)。002.JPG

旦那さん 「肉まんでよくないかい?」。

ええ…。そうね…。
肉まんでいいんだけどね……。

まあまあ、とにかく召し上がれ〜(^^)。
007.JPG


旦那さん 「わお!普通に旨い!これ、肉まんやん!」
    

    私 「でしょでしょ〜!!(^^)」

旦那さん 「だったら……。肉まんでよくないかい?」


ええ…。そうね…。
肉まんでいいんだけどね……。←しつこい(笑)


中身は肉まんの具と同じなんだけど。
「肉まんパン」が「普通の肉まん」との違うのは、「あらかじめ具に火を通しておくこと」です。
「普通の肉まん」は、「生肉」をそのまま包みますものね。
パンは発酵のために時間を置くので、生肉は避けた方がよいと思います(^^)。


<肉まんパンの具> パン6個分(←強力粉250gに対して) 所要時間15分
【材料】
・豚ひき肉 150g
・キャベツ 1/8個(みじん切り)
・干しシイタケ 2個(少量の水で戻してみじん切り。戻し汁も使います。)
・玉ねぎ 1/2個(みじん切り)
・生姜 1かけ (すりおろす)
・ごま油 大さじ1
・片栗粉 小さじ1(同量の水で溶いておく)
★酒 大さじ1
★鶏がらスープの粉末 小さじ2
★麺つゆ 大さじ1
★オイスターソース 小さじ1

【作り方】
@ フライパンにごま油をひき、豚肉を炒める。
  豚肉の色が変わってきたら、キャベツ、干しシイタケ、玉ねぎ、生姜を入れて炒める。
A @に火が通ったら、★とシイタケの戻し汁を入れ、水分を飛ばしながら混ぜる。
  最後に水溶き片栗粉を入れて少しとろみをつける。
B Aをパッドに入れ、粗熱が取れたら冷蔵庫で冷やす。
  (パンに入れる場合、冷やした方が作業しやすいと思います。)


肉まんの具はパンにもとてもよく合いますよ〜(^^)。
ご興味おありの方、
是非お好みのパン生地に肉まんの具入れてみて下さいね♪
(私は油分多めの生地に包み、パン粉を表面に付けています。サクッとした食感が楽しいからパン粉好きっ♪)


posted by ユウ at 08:00| パン(お惣菜パン) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。