2014年03月28日

ヘルンヒェン と キルフェボンでティータイム♪

南ドイツ、バイエルン地方の角の形をしたパン「ヘルンヒェン」。

けしの実が香ばしくて、ビールともよく合うちょっと固めのパンです(^^)。
005.JPG

苦労したのは、パン生地を薄〜く伸ばす作業です。
とにかく薄く薄〜く。

パン生地くんは、「戻ろう!」とする力も強いので、なかなか伸ばすのは大変なのです(><)。
本当は、もっと伸ばしてから巻いて「層」を作りたかったのだけど、私にはこれが限界…。
途中で力尽きました……。

私にしては、根性出して頑張った方です(笑)。


ビールのおともに…。と言いたいところですが、
爽やかに、すがすがしく、朝ごはんでいただきました〜(笑)。あははっ♪



※※※※※※

この前の土曜日、旦那さんと銀座の「キルフェボン」でお茶をしました。
「キルフェボン」は本店が京都にあるタルト専門店です♪

私は青春時代(中学、高校、大学、会社員時代)を京都で過ごしました。
キルフェボンさんは、会社員時代、
仲良しの後輩ちゃんと足繁く通った思い出のカフェなんです(^^)。


京都では、月1ペースで通ったのに。
実は、東京では初めて。

あの感動再び?!

注文したのは、限定の「抹茶のタルト」。(旦那さんは「いちごタルト」。)
007.JPG004 - コピー.JPG

あいかわらずの大きさ!(右の写真の私の顔と比較して下さい(笑)。大きいですよね〜っ。)
だけど、すごくあっさり〜。
全然クドくないのです。

周りを見ると、大きなタルトをおひとりで2つ召し上がっている方が沢山おられました。
私も3つは軽〜く食べれそうだわ〜(^^)。
この頃、自分のぷくっとした「顔の丸さ」が気になるので、必死に我慢しましたが…(><)。
だって旦那さん、最近私を「ぷっくりさん」というあだ名で呼ぶのよね…。キビしいわ〜(笑)。


私たちは土曜日の13時過ぎに伺い、運よく待ち時間なしで入店できたのですが、
14時前頃にお店を出た時には、なんと90分待ちになっておりました(驚)。
ディズニーランドのアトラクション並みですね…。


posted by ユウ at 08:00| パン(フランス・ドイツパン) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。