2014年03月19日

必見!翌日もサクサクのメロンパンのコツ♪

焼きたてのメロンパンはサクサクで美味しいけど、
翌日は何故かクッキー生地がベトベトに…。
という、悲しい経験をされた方いらっしゃいませんか?

実は私もその悩みを抱えるひとりでした。

友達にメロンパンを持って行きたくても、翌日のことを考えると…。
躊躇しちゃってました。

だけどね、ちょっとしたコツで翌日もサクサクのメロンパンがいただけることを発見(^^)。
もしかして、「メロンパンの常識」なのかもしれないけど、
私は今まで気づいていませんでした(笑)。

それは…。
最終発酵の時、できるだけ乾燥した場所に置くことなんです。
027.JPG


クッキー生地は、沢山のバターを使っています。
パン生地は油分の多いクッキー生地で覆われているため、パン生地自体は乾燥を防げるのです。

ポイントは、
間違っても…「濡れふきん」などをかけないことです。

乾燥した場所(室温約25度)で発酵時間を長めにとると、クッキー生地の水分が良い感じに飛ぶので、
焼き上がりもサクサク、時間が経ってもサクサクのままというわけです(^^)。

そして、もうひとつ大切なことは「焼き時間」。
必ず15分は焼いてください。(小型パンとしては少し長めですね。)
低温(私は170度)で15分〜18分じっくり焼くことで、更にクッキー生地の水分が飛び、
サクサクメロンパンが完成します。


さて。今回のメロンパン。
ちょっと焼き色が付いちゃいましたが、サクサク美味しく出来あがりました(^^)。
001.JPG

完全に冷めてから、保存しましょう♪
次の日もサクサク!パン生地はフワフワのままですよ〜。


メロンパンの翌日のべたつきでお悩みの方、よろしければ参考になさってくださいね(^^)。


タグ:メロンパン
posted by ユウ at 08:00| パン(菓子パン) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。