2014年01月30日

ポーランド旅行記「ワルシャワ編」A ショパンゆかりの地を巡って♪

2013年12月29日(日) ワルシャワ編@の続きです。

前にも書きましたが、ポーランドの多くの施設は月曜日が休館となります。
これに加えて、12月30日から1月2日までは、ニューイヤー・ホリデーとなりますので、
29日が施設をめぐる最後のチャンスでした。

旧王宮を見学した後…。
急いで、「ショパン博物館」に歩いて行きました。

「ショパン博物館」(20PLN/人 約800円)
DSC00851.JPG

ショパンが実際晩年に使っていたピアノ。
パリのサロンを再現しています。
DSC00643.JPG

ショパン直筆の楽譜や、ショパンの描いた絵も展示されていました。
ショパン好きの旦那さんには夢のような場所だったみたいです(^^)。
旦那さんと違って、私は「のだめカンタービレ」の影響でクラシックが大好きになった「にわかクラシックファン」です(笑)。ははっ♪


ショパンゆかりの場所15か所に設置された「ショパンのベンチ」。
ベンチのボタンを押すと、ショパンの曲が流れます。
音楽が流れると、歩いている人がしばらく足を止めて聴き入る光景を何度も目にしました(^^)。
DSC00768.JPG


2013年12月30日(月)

朝から「ワジェンキ公園」を散歩♪
新世界通りからなら116番、180番、503番が公園の横を通ります。
(セントラムからだとトラムで4,15,18,35番を利用し、5つめで下車します。)

ショパン像
DSC00657.JPG

あたたかい季節には、ショパン像の前で、ショパンのコンサートが開かれるそうです。
冬は少し寂しいですね。
690.JPG


ワジェンキ公園はヨーロッパで最も美しい公園のひとつで、ワルシャワ市民の自慢です。
DSC00680.JPG


ワジェンキ公園内のワジェンキ宮殿の前に広がる水辺。自然が美しいです(^^)。
(残念ながら美しいワジェンキ宮殿は改装工事中で写真撮れませんでした…。)
DSC00665.JPG

景色を楽しみながら歩いていると…。
あら!リスがいるっ(^^)!

旦那さんが近くにいたリスに、「おいで、おいで!」と手招きすると…
なんと本当にやってきました(驚)!! ←いつも動物に好かれる旦那さん。

だけど、私が近寄ると何故か蜘蛛の子を散らすように逃げていくリスたち…。 ←いつも動物に嫌われる私。

動物もどうやら優しい人を見抜いているようです…。
DSC00686.JPG


ポーランド旅行記「ワルシャワ編」Bに続きます。


posted by ユウ at 08:00| ポーランド旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。