2014年01月24日

ポーランド旅行記「クラクフ編」D ボレスワヴィエツ♪

2013年12月28日(土)

翌日クラクフを発つことになっていたので、
この日はクラクフの街を歩いて、のんびりショッピングや食事をしようと決めていました。


日本でも人気急上昇中の「ボレスワヴィエツ」をご存じですか?
ポーランドの小さな街「ボレスワヴィエツ」で中世から作られているハンドメイド陶器の名前です。
日本には専門店がないようですが、海外駐在員の奥様方の口コミで人気に火が付いたんですって。
かくいう私もこの美しいペインティングのボレスワヴィエツに魅せられたひとりです(笑)。

実は…。
24、25、26…27日…。と、何度もこのボレスワヴィエツを扱うお店に足を運んでおりました(笑)。
24〜26日はお休みだったので、外から一生懸命店内を観察 ←完全に怪しい人。
27日は実際に店内に入るが、40分も悩んで買わず…。←かなり迷惑な客。

この日もまだ何を購入するか決めかねていました。
お店に到着し、私たち夫婦を見た店員のおばさん。
「あら、またあなたたちなの!よく来たわね!」と、笑顔で迎えて下さいました(^^)。

でも、こんなにあったら…選べないよね〜っ(汗)。全部欲しいよ…。
DSC00611.JPG

最後には…。旦那さんに、「決めていいよ。」と、何故か投げやりになる私。
「まじで?!俺が選んでもいいの?!絶対文句言うなよ〜♪」と、旦那さんは嬉しそうでした(笑)。
もう、なんでもいいや…(^^)。全部可愛いし。

旦那さんのセンスが光る(笑)食器たちはこちら。↓
扇型のプレート 2枚
カップ&ソーサー 2客
ミルクピッチャー 3つ ←なにゆえ3つ?深く考えないでください…。彼も深く考えてませんから(笑)。
(ランチョンマットは中央広場の「織物会館」で買ったポーランド・ザコパネの民芸品です。)
722.JPG
プレートの上には「さつまいもとカスタードのパン」をのせています。帰国後も、いつものように「パン作り」してますよ♪
旅行記を書き終えたら、手作りパンのご紹介を再開しますので、またよろしくお願いします(^^)。


ボレスワヴィエツのお店は「DEKOR ART」。
営業時間 10:00 - 18:00,   土 10:00 - 16:00,  日 11:00 - 16:00.
住所 ul. Slawkowska 11

お店のおばさん、陶器を包みながら…。
「また明日もお待ちしてますよ!」とジョークをおっしゃっていました(笑)。
残念ながら…次の日、ワルシャワに旅立たねばならないのですよ…(笑)。


小腹が空いた時(笑)、同じ通りにある「Zapiecek」にも入りました。
(住所 ul. Slawkowska 32 )
ポーランド料理の「ピエロギ」が破格の値段で食べれるお店で、地元の若者でいつも賑わっています。

「ピエロギ」
DSC00443.JPG

「ピエロギ」は水餃子のような感じかな。中身はお肉です。(ロシアのペリメニと似ています。)
大きいのに10個で10PLN(約400円)ほど。注文してから茹でてくれるので熱々です(^^)。
上に油がかかっているのですが、不思議にアッサリしてて美味しかったです♪


ポーランド旅行記「クラクフ編」Eに続く。


posted by ユウ at 08:00| ポーランド旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。