2014年01月18日

ポーランド旅行記「クラクフ編」A 街歩き♪

2013年12月25日(水)

クリスマス。
ヨーロッパの街は静寂に包まれます。

お店は全てお休みになり、
みんな、おうちで静かにクリスマスを楽しむのだそうです(^^)。


観光施設やお店が開いていないので、
この日はちょっと遅い、朝8時の朝食に。
「Hotel Europejski」の朝食ビュッフェ♪
DSC00218.JPG

な…なんてすてきに並んでいるの〜(^^)!!
美味しそうなポテトサラダやミートローフ、パン、野菜、果物、ヨーグルトがた〜くさんっ!

旦那さんとはしゃいでいると(笑)、
レストランのマダムが私たちに気づき、
「メリークリスマス。卵料理はいかが?オムレツ?スクランブルエッグ?」と、尋ねてきてくださいました。
私たちはベーコンとチーズ入りのオムレツをオーダーしちゃいました♪ (←面倒な客(笑))

この日から…マダムが毎日おいしい卵料理を作ってくださり、朝ごはんが一層楽しみでした(^^)。


食後、街を散策♪
クラクフは14〜16世紀ポーランド王国全盛の時代、首都として栄えたそうです。
そして現在、旧市街はユネスコの世界遺産です。
嬉しいことに、クラクフの街は小さいので、名所を全て徒歩でまわることができるんですよ。

馬車が車道を走ってる〜。
DSC00295 - コピー.JPG

旧市街の中心、中央広場に建つ美しい「織物会館」
DSC00293.JPG

14世紀に建てられた「織物会館」は、54もの土産物屋さんが軒を連ねるショッピングアーケードです。
この日は全館お休みだったので…。
てくてく歩いて、旧市街の南の外れにある「ヴァヴェル城」へ。

ヴァヴェル城へ上る坂道。
DSC00570.JPG

ヴァヴェル城は歴代ポーランド王の居城です。

ヴァヴェル城の中庭。
DSC00575.JPG

夕方のヴァヴェル城は、これまた違った魅力(^^)。
DSC00302.JPG


街を歩いていたら…。
よく「プレッツェル」を売るお店をみかけました。
地元の人々が並んで購入していたので…。
私たちも気になって食べてみました(笑)。
DSC00433 - コピー.JPG

1つ1・67PLN。(約65円)
外は固いのだけど、中はふんわり。小麦の優しい甘さで超美味しい〜っ!
(ベーグルのような感じかな?)
だけど、ドイツのプレッツェルとは形がちょっと違うよね…。

帰ってホテルのフロントの方にこのパンの話をすると、
「ポーランドのプレッツェルはこの形がポピュラーなんですよ。」と、教えて下さいました。
プレッツェルは、ポーランドの国民的なパンなのですって。

帰国して、旦那さんがこのパンを恋しがる恋しがる…(笑)。
だけどレシピが分からないし、かわりに「黒ゴマのベーグル」で我慢してもらいました。
 久々に私の作ったパン登場(笑)!ドーナツじゃないよ。ベーグルだよ。ぷっくり〜(笑)。
001.JPG
クラクフの「カルフール」で買ったマロンペーストや、いちごジャムをたっぷり塗って(^^)。
(日本では高価な大容量のマロンペースト。日本円で約350円で購入できて嬉しかったです。)
ポーランドには、いたるところにフランス系のスーパー「カルフール」がありました。

ポーランド旅行記「クラクフ編」Bに続く。


タグ:クラクフ
posted by ユウ at 08:00| ポーランド旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。