2014年01月12日

ポーランド旅行記「グダンスク編」C 街歩き♪

2013年12月23日(月)

グダンスクの日照時間は短いので。
この日も朝 6: 30 に朝食に行き…。

空港前から出ている7:40のバスに揺られて、グダンスクの旧市街に向かいました。

観光地グダンスクの街は小さく、全ての名所を徒歩で観光できます。

旧市街の中心は「王の道」とも呼ばれるドゥーギ通り。

朝8時過ぎでも、まだ暗いですね。
DSC00111.JPG

グダンスク編Bでご紹介した巨大クリスマスツリーが飾ってあるドゥーギ広場を抜けると…。
かつては数多くの貿易船でにぎわった旧港が見えてきます。

DSC00127.JPG

グダンスクはハンザ同盟都市として中世より栄えた1000年の歴史を誇るポーランド最大の港街です。

旧港の運河沿いをしばらく歩き、マリアツカ通りから再び旧市街の奥の方に進むと、
石畳の小径の両側には「琥珀」の露店が軒を連ねています。

琥珀のお店が多い通り。
DSC00166.JPG

グダンスクはバルト海における琥珀産業の中心地です。
琥珀を使ったアクセサリーの値段はピンからキリまで。
「激安品は怪しいかも…。でも高いものは購入できないし…。」と悩んだあげく、結局買えず(笑)。


朝11時。
外が寒かったので、早くもティータイムに。

お店の名前は「π」(パイ)
メルヘンチックな店内です♪
DSC00133.JPG

今日も「林檎ケーキ」(笑)。←しつこい?

DSC00136.JPG

この国のケーキは全部大きいようなので(笑)、旦那さんと半分こしていただきました(^^)。
昨日の「RETRO」も美味しかったけど…。
私たちのジャッジはこちらの林檎ケーキの勝利(笑)。

ポーランドでは、ほとんどのレストランやカフェのメニューに、
「林檎ケーキ Szarlotka(シャルロトカ)」があります。
温かいケーキに冷たいアイスが添えられたものが多く、
お店によって全く味が違うので、食べ比べが楽しかった!(この後も色んなお店で食べてます(笑))


そうそう…。
とても面白いエピソードが!!!
ここでちょっとゆっくりして…。
お会計をした時のこと。

私たちが紙幣で支払いをしようとすると…。
「小銭持ってない?おつりがないの」と店員さん。
「残念ながら持ってないんです。」と、伝えると…。
なんと日本円で40円ほど多くおつりをくれたんです(笑)!!!

普通私たちがチップを支払うものだと思いますが…。
まさかお店からおつりを上乗せしていただくことになるとは…!!(驚)
(ポーランドはサービス料が含まれているので、基本的にチップを支払う慣習はないようです。)

海外でおつりをチョロまかされそうになったことはありますが…。(←イタリアとか(笑))
多くいただいたのは初めてで、ポーランド人のおおらかな気質が垣間見えた瞬間でした。

驚いたことに、今後何度かこのような場面に遭遇することになります(^^)。
旅行者にとっては嬉しいサプライズだわ〜(笑)。

ポーランド旅行記「グダンスク編」Dに続く。


posted by ユウ at 08:00| ポーランド旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。