2013年09月07日

あんぱん「ツォップフ」♪

ちょっと前に作ったばかりですが…。
旦那さんの強〜い希望により、またまた作ってしまった「ツォップフ」
「ツォップフ」が食べたい…というよりも、どうやら「あんぱん」であれば何でも良いそうです(笑)。

というわけで…。
ドイツ語で「三つ編み」を意味するパン「ツォップフ」型の「あんぱん」を作りました(^^)。

011.JPG

「あんぱん」は、すぐ食べちゃうので、今度はかなり大きめに♪
写真では分かりにくいのですが、結構巨大なパンになりました(笑)。

012.JPG

旦那さん…「これ、売れるで〜♪旨いわ!」…って(^^)。
(なぜか関西弁(笑)。ちなみに旦那さんは関西人ではありません…。)


「ツォップフ」はスイスを中心としたドイツ語文化圏でポピュラーなパンですが、
古くは、「家の当主が亡くなると三つ編み型のパンを一緒に埋葬する習慣」があったようです。
のちに、「地域の恵まれない人々にふるまう習慣」に変化したのだそう。
とても神聖な意味を持つパンだったのですね(^^)。
今では、スイスのパン屋さんならどこでも普通に売っているみたいです♪



posted by ユウ at 08:00| パン(フランス・ドイツパン) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。