2013年08月13日

シュニットブロートヒェン♪

ドイツパンシュニットブロートヒェンを作りました(^^)。

ドイツでは、小型のパンを総称して「ブロートヒェン」と呼びます。
「シュニット」はドイツ語で「カットした」というような意味なのですって♪

ライ麦を使うパンが多いのが、ドイツパンの特徴です。
今回は控えめに…ライ麦を小麦粉の15%ほど配合してみました(^^)。


002.JPG

かなり素朴な形ですね(笑)。

003.JPG

今回は、クープもパ〜ンッ!と、勢いよく開いてくれました(^^)。

いつもは、ライ麦を沢山配合して「どっしり」した食感のドイツパンを作ることが多いのですが、
今回は旦那さんの希望で、外はパリッと、中はふんわり柔らかく仕上げました(^^)。
ふんわりな感じ、出てるかな〜??

004.JPG



ドイツ人は、子供から大人まで、1週間で朝食に平均8個の小型パンを食べると言われています♪
この「シュニットブロートヒェン」はサンドイッチのバンズとしても人気者なのですって(^^)。
(ドイツでは小型パンのサンドイッチのことを「スナック」って言います。)


「サンドイッチ」にしても美味しそうだけど…。
今回はそのまま「焼きたて」をパクッといただきました(^^)。

「2日分の朝ごはん」…と、思っていたのに、
ついつい旦那さんの手が伸びて…1日でなくなりました〜(笑)。
また作らなくっちゃっ(^^)!!


posted by ユウ at 08:00| パン(フランス・ドイツパン) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。