2013年08月12日

味の決め手は麺つゆ!生地も手作り簡単キッシュ♪

ドイツに隣接する、フランスロレーヌ地方の郷土料理「キッシュ」

簡単なのに、豪華に見える(笑)ので、
「おもてなし料理の前菜」として大活躍してくれますっ(^^)。

今日の中身は…
じゃがいも、ウィンナー、玉ねぎ、ブロッコリー♪

005.JPG

もちろん、パート・ブリゼ(甘くないタルト台のことです)も手作りですよ(^^)。
高価な冷凍パイシートを使わなくても、
家にある材料で、5分あれば簡単に「パートブリゼ」を作れちゃいますよ♪

004.JPG

そうそう…。
たぶん…キッシュにはベーコンを入れるのが正しいのだと思うのですが、
うちの旦那さんは「ウィンナー」好きなので、わが家のキッシュは結構ウィンナーで作ります(笑)。

そして、味の決め手はなんと「麺つゆ」!!
私のレシピには「麺つゆ」が欠かせませんっ!!
「キッシュ」にも入れちゃいますよ〜(笑)!

006.JPG

みなさん、「麺つゆ効果」で、めちゃくちゃ美味しくなるので、宜しければお試しくださいね(^^)。

<キッシュ>20pタルト型1台分 所要時間30〜40分
◆材料◆
<パートブリゼ>
薄力粉 130g 
オリーブオイル 40ml
牛乳 40ml
塩 3g
<アパレイユ(中身)>
ウィンナー(細切り) 50g
玉ねぎ(大)(細切り) 1/4個
じゃがいも(細切り) 1個
ブロッコリー 少々
バター 10g
麺つゆ 大さじ1
コンソメ顆粒 小さじ1弱
胡椒 少々
卵(L)1個
牛乳 65ml
ピザ用チーズ 60g

◆作り方◆
@ パートブリゼを作る。
  ボウルにパートブリゼの材料を全部入れて混ぜ、ひとつにまとめる。
  (練らないでください。まとまればいいです。)
  麺棒で3〜4oくらいに伸ばし、油分(分量外・バター等)を塗ったタルト台に密着させ、
  冷蔵庫に入れておく
A オーブンを230度に予熱開始。
B アパレイユを作る。
  フライパンにバターを溶かし、玉ねぎ、じゃがいも、ブロッコリーを炒める。
  じゃがいもに透明感が出たら、ウィンナー、麺つゆ、コンソメ、胡椒を入れ、軽く炒める。
C 小さなボウルに卵と牛乳を入れ、混ぜ合わせる。
D 冷蔵庫に入れていたタルト台を取り出し、Bの具を均等に入れ、Cを流し込む。
  上からピザ用チーズを万遍なく散らす。
E 230度に予熱したオーブンで20分焼く。出来あがり〜!

表面が、もし焦げてきたらアルミを被せて下さいね(^^)。
(私は被せなくても、焦げませんでした。)

うちの旦那さんは、嬉しいことに、
「市販のキッシュより美味しい!!」と絶賛してくれます(^^)。
(ただの過保護の可能性大だけど…(笑))


「コーヒーと楽しみたいランチレシピ」コーナーにレシピを掲載中!
タグ:キッシュ
posted by ユウ at 08:00| パン(お惣菜パン) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。