2013年07月11日

黒豆きなこのフィセル♪

旦那さんの実家からの頂き物、「黒豆きなこ」。

ヨーグルトにかけたり…
牛乳とハチミツと一緒にミキサーにかけて飲んでみたり…
美味しくいただいていました(^^)。

そして…今回はこの「黒豆きなこ」を使ったパンを焼いてみました〜(^^)。

「黒豆きなこのフィセル」です♪♪
「黒豆」なので、ちょっとパンの色も黒っぽく色付きましたね(笑)。

003.JPG

「フィセル」とはフランス語で「紐(ひも)」のことです。
バゲットよりも短くて細いのが特長です。

先っぽをシャープにして…
いつもよりかっこよく(笑)。ふりかけている粉も「きなこ」です!

002.JPG

実は…この「きなこ」を使ったパンのレシピは、
「高橋雅子」さんの「少しのイーストでゆっくり発酵パン」を参考に作らせていただきました!

004.JPG

「高橋雅子」さんのパンの作り方は共感できるところが多いんです(^^)。
一番は…「イースト」のパンって美味しいよと、紹介されているところです。

実は私…
以前は、「自家製天然酵母」にこだわっている時期がありました。
「天然酵母でなきゃ美味しくない!」と言わんばかりに…(笑)。

紅茶やヨーグルト、レーズンなど、様々な食材で酵母を起こしていました。
酵母は生き物なので、当然毎日お世話(笑)が必要です。
かき混ぜたり、お砂糖や粉を足したり…。
これが…私にとってかなりのストレスでした(><)。

酵母を育てるのに苦痛を感じ始めたころ…。
「高橋雅子」さんの本に出会いました。

「少しのイーストで、じっくり発酵に時間をかけると美味しいパンが焼ける…。」

私はそれまで、イーストを使う時は
250gの粉に対して4gのドライイーストを入れていたんです。
それを1gまで減らして、発酵も10〜15時間ほどかけてみたんです。
そうすると…風味豊かな美味しいパンが焼けるではありませんか〜(驚)!!

ドライイーストでも、十分美味しいパンが焼けることがわかり、
それからはドライイーストを使ったパンばかりになりました(^^)。
「ハード系のパン」の時は、時間をかけて発酵させる方法にしています♪

天然酵母のパンも、とても美味しいけど…
私の性格やライフスタイルには手軽な「ドライイースト」が合っているようです(^^)。



「黒豆きなこのフィセル」美味しかった〜♪
旦那さんにも好評でしたよ(^^)。


ラベル:フィセル
posted by ユウ at 07:00| Comment(0) | パン(フランス・ドイツパン) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。