2013年06月22日

ドライフルーツのスコーン♪

「スコーン」を久々に焼きました(^^)。

001.JPG


外側はサクッと。
内側はしっとり柔らかく仕上げることができました♪♪
今回はイチジクとクランベリー入りです(^^)。

002.JPG

日本では、「はちみつ」や「ジャム」をつけて食べるのが一般的ですね♪。

本場イギリスでは、スコーンにデボン州の特産「クロテッドクリーム」ジャムをつけて、
紅茶といただく「クリームティー」という習慣があります。
この習慣は、ビクトリア王朝時代に上流階級の女性たちの間で広まった
「アフターヌーンティー」の簡易版なのですって(^^)。

というわけで…
我が家もクリームをた〜っぷり塗って、ハチミツをかけていただきました〜!
(朝ごはんに(笑)。)

005.JPG

「朝からこんなに「クリーム」食べちゃうの……?」
…という声が聞こえてきそうですね(笑)。

うふふッ!
実は「水切りヨーグルト」なのです〜(^^)。
一晩、水を切ったプレーンヨーグルトハチミツをた〜っぷりかけています。
「水切りヨーグルト」は、まるでクリームチーズ
健康にも良さそうですよね♪


旦那さんも…
「休みの日にスコーンで朝食っていいね〜♪」と、嬉しそうでした(^^)。
スコーンって……人をしあわせにする魔力(?)ありますよね〜ッ(笑)?!



※※※

簡単な作り方を、ご紹介しますね〜!

<ドライフルーツのスコーン>4つ分

◆材料◆
薄力粉80g 全粒粉20g 砂糖8g 無塩バター(1p角に切っておく)25g 牛乳50ml 
ベーキングパウダー5g ドライフルーツ(イチジク、クランベリー等合わせて)30g

◆作り方◆
@ 材料すべて、あらかじめ冷蔵庫で冷やしておく。
A ボウルに粉類、バターを入れ、両手でこすり合わせながら、粉とバターを馴染ませる。
B 冷たい牛乳を入れ、さっとカードで粉っぽさがなくなるまで切り混ぜる。
  (絶対練らないでください。サクッと感がなくなってしまいます。)
C ドライフルーツを入れて、さっと切り混ぜる。
D 手でひとまとめにし、ラップに包んで1時間以上冷蔵庫で休ませる。
E 厚さ2pから2・5pにめん棒で伸ばし、抜型(直径5pくらい)で生地を抜く。
  (包丁で四角や三角に切るだけでもいいです。お好きな形でどうぞ!)
F 190度に予熱したオーブンの下段に入れて、18分焼く。
  出来あがりです!

コツは、「絶対に練らない」ことですよ〜。
甘さ控えめなので、食べる時に「はちみつ」や「ジャム」を付けてお召し上がりくださいね(^^)。



posted by ユウ at 08:00| Comment(0) | パン(菓子パン) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。