2013年05月24日

ベルギーの「食」紀行A「アントワープ」編♪

ブリュッセルから電車で揺られること40分。
アントワープに到着します。ここからはオランダ語が公用語。

アントワープ中央駅。
両親がベルギーに住んでいたころは、まだ工事中だった駅内部も、
こんなに素敵になりました(^^)。駅の中には「スタバ」などのカフェもありますよ♪

016.JPG

フルン広場。
この広場にある「ヒルトンホテル」に3泊ほど旦那さんと滞在しました。

014.JPG

実は、「ヒルトンホテル」も両親との思い出の場所なのです(^^)。

ファッションの流行の発信地であった「アントワープ」は、
オシャレが大好きな女性にとっては、天国のような街です(笑)。
ブリュッセルからそんなに遠くなかったので、土曜日になると両親と車でよく遊びに行きました。

「ヒルトンホテル」の前にちょうど車を預ける駐車場があったので、
待ち合わせ場所は、もちろん「ヒルトンホテル」に(笑)。
父には、こちらのカフェなどで本を読んで待っていてもらい、
母と2人でショッピングに繰り出してました(^^)。

まさか…数年後に旦那さんと、この「ヒルトンホテル」に宿泊することになるとは……(笑)。
かなり運命を感じてしまいます(^^)。

ヒルトンホテルの朝食。
行ったのは3月下旬だったので、朝7時半でも外は暗かったです。(写りかなり悪いですね…すみません…)

006.JPG


ヒルトンホテルで、美味しいと薦めてもらったレストラン「ドックス・カフェ(Dock's Cafe)」。
魚介のメニューが豊富で、本当に、すっごく美味しかったです。
ランチはコース料理になっていますが、私たちが行った時は一人15ユーロとお得でした(^^)。
(写真は、リゾットです。この後…ビッグな魚のポワレが出てきました♪)

002.JPG


明日は「ブルージュ」をご紹介したいと思います。
posted by ユウ at 08:00| 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。